申請時のコツ

助成金を受給するためには、審査を通過する必要があります。
この審査に通りやすくする方法もあります。

○事前に準備しておくこと

いつどんな助成金の募集があるか、最新情報ついて事前に確認しておく必要があります。
募集案内が発表時され、情報を知ったとしても、申請期限まで通常数週間ほどしかない場合があるため、いつ募集があっても申請できる準備が重要です。また、申請期限を越えての申請は基本的に認められないため注意が必要です。

○適正な労務管理

人事労務に関係する助成金では労務管理を適正に行っている企業でないと助成金は受給できません。助成金は雇用保険料を財源としているため、多くの助成金は雇用保険に加入していることを条件としています。
また、過去6ヶ月以内に会社都合で社員を解雇していたり、労働保険料の未納がある場合、助成金を受給できないケースがほとんどです。従業員を雇用したことによる助成金を受給しておきながら、その人を一方的に解雇した場合は助成金を返還しなくてはなりません。

○労働者名簿、賃金台帳、就業規則のなど帳簿書類の準備

助成金を申請すると、賃金台帳など帳簿書類の提出を求められる場合があります。その他、会社設立の経費に対して出る助成金については、その経費についての領収書や契約書、登記簿謄本の提出を求められる場合がありますので、常に書類の管理をしておく必要があります。

○行政機関との円滑な情報交換

助成金を支給についての決定は、雇用関係であれば、ハローワークや雇用能力開発機構などの行政機関が行ないます。助成金を受給するまでのやり取りを円滑に進めるためにも、行政機関との情報交換は必要です。

○専門家を活用

専門家に依頼することで、効率的に助成金を受給でき、申請から受給するまでの時間の短縮と労力の軽減が期待できます。
助成金の専門家は主に社会保険労務士です。知識も豊富で人事・労務管理のスペシャリストです。依頼するため費用はかかりますが、一般的に費用は成功報酬が多いと言われています。社会保険労務士でも助成金に関する代行業務を行なっていない場合がありますので、依頼する前に予め確認する必要があります。

今すぐ専門家を探す

助成金獲得に強い専門家をPICK UP!!

助成金獲得に強い専門家を「助成金・補助金獲得ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 Q&A QRコード